CCTの活動について

観光客の集まる小樽運河をきれいにしたいと小樽商大の卒業生湯谷拓郎さんが2011年に「小樽運河クリーンプロジェクト」という名称で清掃活動を始め、湯谷さんが仕事の関係で参加できなくなった後も市内の有志が活動を引き継ぎ、活動が終わることなく現在に至っています。

湯谷さんから引き継いだ後、「おたるボランティアネットワーク」の「清掃部」として活動してきましたが、運河清掃のロゴを作った2017年3月から「Canal Clean Team」(CCT)と名前を改めました。


Canal Clean Team ののぼり(幟)とTシャツ